レバテックキャリアの転職の前にIT/WEBエンジニアが知りたい評判とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レバテックキャリアはIT/WEBエンジニア・クリエイターの特化型エージェントサービス

レバテックキャリアはIT/WEB業界のクリエイターとエンジニアの特化型のエージェントサービスです。

総合型のサービスとは異なり、業界や職種を絞っているため「求人の量や質」「サポートの内容」においても定評がある。

特にエンジニアとクリエイターの採用時に重視されるポイントや過去の採用例や不採用例などを内部資料として提供してくれることも特化型の魅力です。

 

[toc]

 

スポンサーリンク

レバテックキャリアを利用すべき人・利用しない方が良い人

 

レバテックはITとWEBのエンジニア/クリエイターの特化型転職エージェントサービスです。

そのため利用するべきエンジニア/クリエイターの方とそうでない方について解説しておきます。

利用すべき人

レバテックキャリアを利用すべき人
  • IT/WEBのクリエイターとエンジニア全般
  • ベンチャー企業から大手企業まで幅広い求人から探したい方

エンジニアやデザイナーなどのクリエイターは技術職で専門職であるため、どうしても総合型の転職エージェントに登録すると担当者の業界知識が少ないことに苦労します。

HTMLとCSSの違いやマークアップ言語とプログラム言語の違いが分からない担当者に当たる可能生もあり、こういったエージェントに当たると思わぬ結果を招くことも考えられます。

レバテックキャリアは特化型の転職エージェントであるため、IT/WEB関連のデザイナーやエンジニアなら是非登録しておきたい。

 

 

またレバテックキャリアは関連会社に「フリーランスのエンジニア向け」「ハイクラス向けのエージェントサービス」も事業として実施している。

そのため小さなベンチャー企業から大手のIT企業まで様々な求人を集めています。

実際に集めた求人を探しやすい仕組みもあります。

職種での検索はもちろん、自分のスキルや使っていたツールなどからも求人を検索できることはエンジニアやデザイナーにとっては利用しやすい仕組みです。

 

 

またこちらはスキルやツールでの求人検索。C++やRuby、htmlからPhotoshopなどのツールからも検索できます。

 

こちらはこだわり検索で各社の企業規模や福利厚生などの情報からも検索可能。

 

 

またデザイナーやwebディレクター職なども同じように検索が可能。

 

またレバテックキャリアは企業へ足を運びPM(プロジェクトマネージャー)やメンバーと情報交換をしているため、内部の情報も提供できることからもIT/WEB業界の求人が集まりやすい。

IT/WEB業界に特化しており、関連サービスも提供しているエージェントであるため、大小の様々な企業求人を集められています。

利用者としても総合型のエージェントよりも特化型の方がIT/WEB専用の求人は見つけやすいですから、ベンチャーや大手企業を転職先として候補にする場合はレバテックキャリアはおすすめです。

 

しかし、レバテックキャリアでは、オンラインで閲覧できる求人もありますが、その数は全体の半分以下であり、過半数以上は非公開求人として保有されています。

エージェント企業であるため、エージェントサポートを利用してもらう方がレバテックキャリアとしても収益になります。

そのため本気で転職を考えているならば、無料転職支援サービスを利用して自分の状況に近い求人から選択できる状況で活動された方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

レバテックキャリア以外の他社を利用すべき人

レバテックキャリアを利用すべきではない人
  • 都市部以外での転職を考えている方

都市部以外での転職の場合はレバテックキャリア以外をご利用された方が良いでしょう。

希望転職先には関東圏や関西圏が中心になっているので、地方での転職には不向きかもしれません。

 

スポンサーリンク

特徴は?

レバテックキャリアの特徴は「IT/WEBの特化型であるため情報が深く、内定率が高い」ということです。

IT/WEB業界の企業の内部情報を調査して、それを利用者へ提供するようにしているため、応募者が求める情報が得られます。

 

 

また過去の実績があるので「各企業であった過去の質問や不採用理由」なども提供されるため、利用者にとっては面接に望みやすい。

これもエンジニアやクリエイター職が転職での内定率を高めるポイントになっています。

 

スポンサーリンク

レバテックキャリアの実際の利用者の評判・口コミは?

 

レバテックキャリアの口コミや評判をTwitterで検索してみた結果、以外と少ない結果でした。

ネットの口コミや評判にはステマややらせも多いため、Twitterで探してみたのでその中で少し紹介していきます。

 

レバテックキャリアは、このTwitter以外にもネットで調べると、保有している求人数は多いのですが、紹介してくれる求人は少ないという評判があります。

ただ紹介される求人数は多ければ良いといったことではなく、利用者が応募したくなる求人が見つかるかにかかっています。

応募できる求人が少ない場合は、エージェントに他の求人を紹介してもらいましょう。

 

上記の内容について確証は得ていませんが、転職エージェントサービスは地方在住の場合には利用できない可能生があります。

レバテックキャリアは現在「関西」「九州」の地方での転職エージェントサービスも開始しており、サポート対象が都市部以外にも広がっています。

しかし、関東圏以外の都市部ではサポートを受けられない可能生があり、その場合は「」などを利用された方が良いです。

 

スポンサーリンク

クリエイター・エンジニアは「レバテックキャリア」には少なくとも登録しておきたい

IT/WEBのエンジニアやデザイナー職であれば、レバテックキャリアは絶対に登録しておきたい1つです。

特にレバテックキャリアは特化型のエージェントであり、非公開求人数も多いため無料登録をしておきたい。

その他のIT系の転職エージェントも併用することで、転職を成功させましょう。

 

 

コメント