プログラマーもエンジニアもそろそろスーツに固執する必要はない。企業では会社員自らが着る服を決められない。

スポンサーリンク

 

そろそろ会社員の多くもスーツは不要になるのではないかと思います。

スーツが必要な職業もありますが、いらない職業も沢山あり、むしろ邪魔になっている職業もあるのではないかと思います。

特にプログラマーや事務職など外部と接触する機会が少ない職種に限っては、オフィスカジュアルな服装に切り替えたほうが仕事の効率も上がるのではと感じます。

スーツは素材が硬く、体に負担になるように感じます。それに元々は軍服でしたから。

 

そろそろ「仕事=スーツ」ではなく、もう少し職種など必要に応じてスーツを着用することも考えていいと思います。

 

スポンサーリンク

プログラマー・エンジニアの例

ちなみにSEやプログラマーはまだスーツの企業が多いです。
WEB系やアプリ系ではカジュアルな服装で勤務できるところもあるでしょうが、派遣型や企業内で働くSEでは、まだまだスーツが主流です。

 

では、SEやプログラマーがスーツが必要かと言えば、「場合による」としか言えません。

SEやプログラマーの仕事を区別せず言うと「取引先と会う時はスーツが必要」「内勤だけならスーツは不要」と言えます。

 

私もスーツで出勤していましたが、スーツで仕様書を書いたり、プログラミングすることは本当に非効率です。
スーツは上着の素材が硬く、夏はスラックスが非常に暑いです。
むしろ体に悪いんじゃないか、健康に悪影響なんじゃないかと思うほど、スーツというのは機能性が最悪です。

SEやプログラマーは、取引先との商談が無ければ、スーツが不要な職種だと言えます。

 

スポンサーリンク

確かにスーツが必要な時や職業もあり、全て不要というわけではない

確かに世の中にはスーツが必要な職は沢山あります。
営業マンや広報部、法務部など企業との取引先をするような場合は、正装であるスーツなら相手に失礼はありません。

スーツはビジネスにとって制服のようなものですから、相手に不快な印象を与えることもありません。

 

しかし、ここで言いたいことは「本当にその職業でスーツが必要なのか?」ということです。

「会社=スーツ」という考え方は簡単ではありますが、スーツが不要な職種ではもうスーツである必要はないだろうと感じます。

スーツは着心地も悪く、特に事務職などの内勤をするにあたっては仕事の効率を下げています。

 

 

今後はスーツを着るという考え方も、時や場所によってもう少し柔軟に考えられる会社が増えてきても良いと思っています。