私が職場を変えたことで得られた大きなメリットは「自分の評価が前の職場より上がった」「健康になった」の2つ

スポンサーリンク

 

今の職場環境が最悪の人が、職場を変えると、良いことがあるかもしれません。

ちなみに、私の職場を変えたことで得られたメリットは「自分の評価が上がったこと」と「健康になったこと」です。笑

もし転職などを考えている方は、「こういった会社員もいたんだな〜」と参考にどうぞ。

 

自分の評価がガラッと変わることがある

これは私がSEをしている時に、働いている企業が変わったときの話です。

それまで働いていた場所では他のSEとほぼ同じ実力で仕事をしていましたが、別の企業で働くようになったところ、そこの上司から「非常に褒められた」ことがあります。

 

それまでの職場では「褒められる」ことが無かったのですが、新しい企業では私の実力が評価されたので仕事がやりやすい環境でした。
その企業には私と同じ同期(社会人経験が同じ)が居たのですが、私よりもプログラムに対する理解やプログラミングの能力が不十分でした。

当時は周りと比較して能力があったので、その職場では新しく来た私を重宝してくれました。
他社に行くと、同じ社会人経験の同僚が居ても、能力に差があることがよくあるのです。

 

このように別の企業に移動することで「自分が業界や職種から見るとどれくらいのレベルなのか」よく分かることがあります。

 

ですから、職場を変えると「非常に上手くいく」「前の職場よりも評価される」ということがあります。
今の職場で評価が低い、周りから認められないと思っていても、大きく変わることがありますから、今の職場だからこそ不当に評価が低いこともあります。

そういった職場の評価に不満がある方は、別の会社に移られることも選択肢としては有りでしょう。

 

とんでもないパワハラ上司と関わらずに済む

職場が変わると周りの人間も大きく変わりますから、パワハラ上司ともおさらばです。
私も職場にはヒドい上司と良い上司が混雑していたので大変でしたが、同じようにパワハラで困っている人は職場を変えることでこういった悩みから解放されるでしょう。

関連:私が出会ったムカついたブラック上司の特徴は「男女で対応を変える」「昨日と今日で別のことを言う」「部下を売る」の3人

 

もうアイツの顔を見ないで済みます。笑
本当にパワハラ上司が目の前の席だと「毎日憂鬱」です。笑
出勤すると目の前に「上司」、仕事が一段落してふと顔を上げると「上司」、弁当を食べ終わって片付けると目の前に「上司」、仕事が終わってカバンを整理すると目の前に「上司」です。
もうそれは仕事ではなく「修行」です。私のようにパワハラ上司に悩まされた、特に若い方はよく理解できるのではないでしょうか?

 

これは本当に精神的に楽になります。まず転職で職場が変わることが決まれば、肩に乗っていた重りが外れたように、体の力が抜けます。笑
そして、時間の経過とともに以前のように体が戻ってきます。

これは「そのパワハラ上司がいる会社へ出勤することでのストレス」が一気になくなるので、体の緊張がほぐれるんですね。
交感神経緊張から副交感神経が効くようになるので、体がドッと疲れて休みモードになるわけです。

 

それだけ体に負担をかけていたわけです。
職場を変えると、パワハラ上司から逃れられるだけでなく、体の負担もとれます。

 

職場を変えた後は、なぜか健康になる

そして、前職が悪い職場の方の場合、職場を変えると「健康」になります。笑

これは本当に意外ですが、体の悪い症状が出なくなります。
だいたい仕事が合っていなかったり、職場環境が悪いと体に症状が出ます。

私も嫌な上司の前では何だか緊張して胸が苦しい思いをしていました。
きっとこれは他のパワハラ被害に合っている人も同じでしょう。

 

それだけ職場の環境は私達の体に影響しているわけです。
なんせ一日のほとんどの時間を過ごす場所が「最悪の環境」であれば、体も自然と悪い環境に染まっていくでしょうから。

 

スポンサーリンク

最後に

元々パワハラ上司から離れたいという思いがあり職場が変わりましたが、健康になるということはラッキーでした。
私のように、誰かのパワハラなどが原因で体に症状が出る場合は、そういった人からは離れたほうが良いでしょう。

私の職場を変えたことで得られたメリットは「自分の評価が上がったこと」と「健康になったこと」です。

 

 

コメント