転職エージェントは比較してから使うべき!おすすめの転職エージェントはそれぞれの転職者によって違います。

転職者の画像

「どの転職エージェントがおすすめか」「転職エージェントはどのように比較すべきか」について紹介します。

転職エージェントを比較すると【どの転職エージェントを利用すべきか】が理解できる

転職エージェントを比較すると【あなたがどの転職エージェントサイトを使えば良いのか分かる】ということです。

エージェントサイトには様々な比較材料がありますが、大きな違いは以下の点です。

  • 「エンジニア向け/営業職向け」など転職者の業種や職種
  • 「20代向け」「既卒者向け」など転職者の属性
  • 上記によって変わる「求人の量や質」

エージェントサイトの比較では知っておきたいことは、この「エージェントサイトが想定する転職者層」と「ご自身の経歴や属性が一致している」サイトを利用することが重要です。

例えば具体例を出すと...

  • 30代のエンジニアAさん ⇒ 「レバテック」などエンジニア向けサイト
  • 20代の経理職Bさん ⇒ 「DODA」など総合型サイト
  • 30代の外資系志望のCさん ⇒「JAC」 など外資系の求人が多い総合型サイト

このようにエージェントを選ばれることがおすすめです。

なぜなら、各エージェントサイトではそれぞれの利用者層にマッチした求人を用意するので、エンジニア向けのサイトではエンジニア向けの求人が多くなり、第二新卒向けのサイトでは第二新卒を対象とした求人が多くなります。

ですから、転職者の就職を容易にするには「それぞれに合ったエージェントサイト」に登録する必要があります。

そのために転職エージェントサイトの比較が必要になるのです。

ちなみに転職エージェントを比較しても意味が無いものは【質】

一方、転職エージェントを比較しても意味がないものがあります。
それは【転職エージェントの質】です。

転職エージェントは転職者1人に担当が付きますが、この担当の質については同じ企業でもバラツキがあり、優しいエージェントが付くこともあれば、ガツガツしたエージェントが付くこともあります。
多少、その企業の社風によってエージェントの転職者への対応は変わってきますが(例えば、営業が強く求人を勧められることが多い企業など)、エージェント個人の性格にも影響されますので口コミや評判も参考になりにくいのです。

ですから、転職エージェントを比較する上で重要なことは「そのサイトの想定転職者」であり、「対応が悪かった」「無視された」というエージェント自身の評判はそれほど比較すべきことではありません。

この点は残念ですが、担当者には当たり外れがあることですから、転職エージェントの比較では「エージェントの質」について除外した方が良いでしょう。

おすすめの転職エージェントの比較

転職エージェントサービスの大手や有名なものを以下に比較してみる。

タイプ
DODA 総合型
リクナビNEXT 総合型
マイナビエージェント 総合型
パソナ 総合型
spring転職エージェント 総合型
ビズリーチ 総合型
JACリクルートメント 総合型(外資)
typeエージェント(関東のみ) エンジニア/IT/WEB系
レバテックキャリア エンジニア/IT系
ワークポート IT/WEB系

評判は同じ転職エージェントサービスでも担当するエージェントによって異なる傾向があるため大きく参考にはならない。こういった口コミは事実関係を確認できないためライバル会社が書き込んでいる可能性もあるからだ。

1つ確実に言えることは『どんなエージェントが担当するかわからないため利用者はリスク回避のために複数のエージェントを利用して徐々に減らしていく』ことだ。同じエージェントサービスでも評判が分かれる理由はエージェントとの相性によるものが多い。こういった原因で転職活動が進行しないことを防ぐためエージェントは多めに登録しておくことが望ましい。

DODA

dodaの画像
出所:https://doda.jp/

まず登録すべきエージェントサービスだ。少なくとも私の周りでも(他のサイトでも)1番評判が良いと言える転職エージェントサービスである。

DODAを利用した友人Aの評判では「ここは他のサービスと違って自分のペースでやらせてくれたね。他の◯◯(エージェントサービス名)ではエージェントが的外れな求人を持ってきたり転職をやや強めに催促するようなことがあったがここは無かった。内定後はその企業に転職を勧められることはあったが、態度を見ても強引ではなく問題はなかったよ」と言っていた。

しかし、転職エージェント業界では最大手であるためやはり利用者も千差万別であり、転職エージェントも当たりやハズレのようなものがある。そのためDODAでも「良い評判」と「悪い評判」が分かれているため誰でも100%満足できるとは言えない。

しかし、リクナビと並んでエージェント業界では歴史がある老舗であるため求人の量が多いことでも評判は高い。

特に在職中に自分のペースで転職を考えている人は登録すべきサイトだろう。

リクナビエージェント

誰もが知っている超大手のサービス。学生の時にもお世話になったリクナビを知らない人はいないだろう。

利用した友人Aの評判では「エージェントはしっかりとサポートしてはくれたよ。でも営業が強めでガツガツしていたため転職活動はハイペースでだったな。それが社風なのかどうかは知らないけど」

もちろんこれはエージェントとの外れを引いた可能性もあれば、利用者との相性が悪かった可能性もあるし、個人の主観でもある。リクナビエージェントの全てが営業が強めとも言いきれない。

だが、見方を変えてみるとリクナビNETXは非常に優秀なエージェントとも言える。それは無職者や今すぐ転職をしたいという利用者にとってはエージェントの営業が強いことは逆にメリットであり強みでもある。

無職で今すぐ職に就きたい者やブラック企業を早く抜け出したい者にとっては、一見すると悪く見える営業が強くハイペースで転職活動を進めるエージェントの方が最速で結果を出せる可能性があるということだ。納得できる企業を吟味したい転職者もいれば、すぐに職が欲しい転職者もいる。後者にとって営業が強いエージェントはむしろ適しているとも言えるからだ。

リクナビエージェントは就職市場のトップクラスのグループ企業であるため求人数や種類も豊富だ。実績もあり信頼も高い。

マイペースで転職活動を進めたい人よりも早く転職したい人にとっては最高のサービスであるため登録すべきだろう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントでは求人情報の質が良いと評判がある。その理由はJACリクルートメントのエージェントは「法人営業」と「エージェント」を兼任していることだ。

通常の転職エージェントが「法人営業」と「エージェント」に分かれているため「法人営業」は企業内部に詳しいが、「エージェント」は転職者と面談しサポートすることが仕事となる求人の深い情報は知らない。こうなると企業情報は法人営業が抱えて、転職者の本当に知りたい情報はエージェント止まりになってしまい、必要な情報が交換されない。しかし、JACリクルートメントではエージェントがこれらを兼任しているため転職者が欲しい情報を提供しやすく、また企業が欲しい人材も正確に把握しやすい仕組みができている。

そのため最大手のエージェントと比較すると求人数は少ないが、書類通過率が高く企業とのマッチングしやすい転職エージェントとして評判が高い。

マイナビエージェント

マイナビは就職市場ではよく知られているが転職市場ではまだ大手のサービスほど有名ではない。そのため登録者数が多くなく、比較的丁寧でサポートしているという評判がある。

しかし、一方では「希望する求人や書類添削はしてもらえなかった」「メール連絡が遅い」といったマイナスの情報もあり、実際にマイナビエージェント利用者の評判も大きく割れている。

エージェントは金融やメーカー、クリエイティブ、営業やITエンジニアなど業界や職種ごとに分かれているため専門性も高い。女性のコンサルタントのサポートを受けられる「woman will」というサービスもあるため女性でも申し込みやすい。

⇒ マイナビエージェントはこちら

パソナ

エージェントの対応やサポートについて定評があるが、1番の特徴は「珍しい求人を持っている」ということ。実際に多くのエージェントを使って求人を調べた利用者には最大手のDODAやリクナビエージェントなどには無かった求人を見つけられたという評判が高い。

これはパソナのグループ会社が派遣事業などを運営しており長く付き合っている企業から優先して求人を貰うことがあるため。そのため他のエージェント企業に無い求人に応募できたということで評判が高いようだ。

エージェントの評判は利用者によって分かれるため他社に無い求人を発掘するという目的で登録すると良いだろう。

spring転職エージェント

アデコが運営している転職エージェントサービス。アデコはスイスに本部を置く外資系企業であり、世界60カ国に拠点がありネットワークも広い。国内の求人は北海道から沖縄までを網羅している。

利用者の評判を見ると「私の良い点を応募時に書き添えてくれた」「他のエージェント企業は求人を紹介してくれなかったが、アデコは希望にある求人を用意してくれた」「転職の自信が無かったが私の強みを見つけてくれた」「他と違い機械的な流れ作業ではない」と言った評判がある。

やはり外資系企業であるためかやや通常の転職エージェントとはやや転職者を見る観点が異なるのかもしれない。

少し登録項目は多いが、登録しておきたいサイトだ。

ビズリーチ

ビズリーチは正確には転職エージェントサービスというよりも。会員登録後は6,400以上の企業や1,800名のヘッドハンターに職務経歴書が公開される。名前やメールアドレスなどの情報は非公開であり、勤務先や特定の企業への職務経歴書の非公開機能も付いており転職者への配慮はされている。

会員ランクには「スタンダードプラン(無料)」と「プレミアムプラン(有料)」があり、これはビズリーチ独自の審査基準で決定される。プレミアムプランにも「タレント会員(30日間2,980円(税抜))」「ハイクラス会員(30日間4,980円(税抜))」がおり、それぞれ閲覧できる求人が異なるためアクセスできる範囲も異なる。

type転職エージェント(関東のみ)

90年代から求人ビジネスを行なっているため転職エージェント会社として信頼性が高い。DODAやリクナビエージェントのような最大手ではないもののサポート面では力を入れている。

注意点としてはtype転職は東京・神奈川・埼玉・千葉での転職を考えている人しか利用できない。そのため首都圏在住の方が利用対象になる。

利用者の評判は「希望にあった求人を紹介してくれた」「大手よりもサポートが良かった」「書類選考が通過しやすい求人があった」といったプラスの評判の他にも「上から目線だった」「回答が軽かった」と言った良くない評判もいくつか見受けられる。

80%が非公開求人と割合が多いため首都圏在住者は利用してみても良いだろう。

レバテックキャリア

IT業界やWEB、スマホアプリ業界などのエンジニアやクリエイター専門の転職エージェントサービス。SEやエンジニアの方ならご存知だろうが、レバテックには『レバテックフリーランス』というSES事業を展開するサービスがあり、提供される求人先の雰囲気や社風などの内部情報はここに登録されているエンジニアなどからヒアリングすることで得ている。そのため転職活動者は求人情報に掲載されない情報にもアクセスしやすい。

専門のサービスであるため他のエージェントサービスよりもIT関連の知識は高い。転職や就職を考えるエンジニアやクリエイターの方は登録しておくべきだろう。

ワークポート

ワークポートはITやスマホアプリ、ゲーム業界などネット企業の求人の取り扱いが多い転職エージェント。転職者自らが確認できる「eコンシェルジュ」という独特のツールがある。これは自らの求人の応募状況や選考状況などを確認できるため転職活動を効率的に行なうためにワークポートが用意したツールだ。他にも面談予約システム・面談事前入力ツールが用意されているため自ら転職活動を進めていくには障害が少ないだろう。

最近は薬剤師や営業、販売やバックオフィスなどIT関連以外の求人へも事業を広めている。

⇒ 総合職の方はこちら

⇒ ITエンジニアの方はこちら

⇒ 未経験業界への転職を考える方はこちら

NO IMAGE 転職エージェント比較

IT・WEB業界のおすすめ転職エージェントを比較

IT・WEB業界のおすすめ転職エージェントを比較しています。webエンジニア、webデザイナーやhtmlコーダー、ディレクターからuiデザイナーやイラストレーターまで様々な方が利用できるクリエイター向けの転職エージェントです。
NO IMAGE 転職エージェント比較

未経験者向けのおすすめ転職エージェントを比較。

未経験者は「未経験者向けの」転職エージェントを利用すると成功しやすい 転職未経験者、または未経験業界や職種への転職を考える会社員の方は「未経験者向け」の転職エージェントを使うことがおすすめです。 理由としては企業側が未経験者でも...
NO IMAGE 転職エージェント比較

20代や第二新卒向けのおすすめ転職エージェントを比較

20代や第二新卒向けのおすすめ転職エージェントを比較して紹介していきます。第二新卒者ならではの複数登録方法やご自身の経歴による利用すべき転職エージェントも紹介します。