転職エージェントを利用するデメリットとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職エージェントサービスを利用する転職者のデメリットとは?

転職エージェントの言われるがままになってしまう

転職エージェントは基本的に企業と転職者の仲介を果たすが、お金を払っているのは「求人を出す企業」である。

そのため転職者の味方というよりは「求人を出す企業の味方」でもあり、転職者に対しては「早く転職して欲しい」と思っているのが内状だろう。

転職者に覚えておいてもらいたいことは、「転職エージェントの言いなりにならない」ということだ。

転職エージェントの中には「希望しない求人にも応募を勧める」「内定した企業への転職催促」などをする者がおり、これは転職を早く決定させたいために判断を急がせるわけだ。

転職者はこういったエージェントの言いなりにはならずに自らの意志をしっかりとぶつける必要がある。

自分が応募したいと思う求人を見逃す・気づかないことがある

転職エージェントサイトを利用すると、本来は求人サイトであれば応募できた可能生がある求人を見逃してしまうことがある。

正確には見つけられず「気づかなかった」ともいえる。

これは転職エージェントが転職者の希望求人条件に合っているとされる求人を取ってくるため、どうしてもこの過程で選ばれなかった求人が転職者が本来応募したいと思える求人であった場合に「気づかず」に応募できないということが起きる。

転職者も「気づかない」ため本来知っていれば応募したくなる求人の存在すら知ることはできない。

また転職エージェントには世の中の求人の全てを網羅しているわけではなく、転職者の中にはハローワークや求人サイトの方が見つけやすい求人などもあるはずだ。

例えば、オフィスワークでも住宅街や郊外にある求人や小さな企業に転職したい時は転職エージェントではこれらの求人は見つけにくい。

これらの事態を避けるためにも「エージェントには希望内容を具体的に伝えるための準備をする」「転職サイトやハローワークも併用すること」などの工夫が必要になる。

 

転職エージェントに騙されることがある

私は見たことが無いが、転職エージェントの中には利用者に嘘を言うものもいるのかもしれない。

実際に転職エージェントに騙されたと思う利用者もいるため、求人先の企業の情報などについて嘘を言っているエージェントも中にはいるのだろう。

転職エージェントは通常は利用者を騙すということはしない。

これは利用者が転職後に早期離職をした場合のペナルティーがあるため、嘘を言って入社させることはかなりのリスクがあるからだ。

しかし、嘘を付く内容としてはどんなものがあるのかを考えてみると、その嘘には「結果的なもの」「意図的なもの」「解釈によるもの」「勉強不足によるもの」などがあるだろう。

理由 内容
「結果的なもの」 エージェントの言った内容は正しいが、時間的な問題で変わってしまっていたこと。
「意図的なもの」 転職エージェントが意図的に嘘を言うこと。
「解釈によるもの」 エージェントが「この企業では残業は多くない」と言った場合などのように人によって解釈が異なる内容。具体的な数字やデータで示さない場合に起きる。
「勉強不足によるもの」 転職エージェントの業界知識の不足によって起きる 。

例えば、エージェントが「残業は全くない」と言っていたが、実際に入社したら毎月20時間ほどの残業があったという例が騙されたといえるだろう。

この場合は「意図的なもの」「解釈によるもの」などが該当するが、どちらにせよ間違った情報を提供した可能生がある。

 

いづれにしてもエージェントに騙されないように転職者も予防線を張っておく必要があることは明白だ。

転職エージェントが言ったことを鵜呑みにするのではなく、面接などの時に雇用先企業に質問してみたり、自分でインターネットや口コミサイトなどを使って情報を収集することも必要になる。

 

転職後にプレッシャーを感じる

転職エージェントを利用すると「転職後にプレッシャーを感じる」ことがある。

これは転職後が転職先の企業で成果を残せるかというプレッシャーを感じるということだ。

なぜプレッシャーを感じるかと言えば、転職エージェントの場合は企業が転職者の年収の約3割を報酬として転職エージェント側に支払っているからだ。

つまり、企業は人員を確保するために転職者の年収の約3割の経費がかかっていることになるため転職者としても成果を残さないといけないプレッシャーを感じてしまう。

だが、本当は転職者がプレッシャーを感じる必要はない。

もし万が一、職場が合わずに転職をすることになっても転職者が損害賠償を払うことはなく、さらに転職エージェントに対して罰金のようなものを支払うこともないからだ。

この場合は転職エージェント側がペナルティーとして、企業に同等の人材を一定期間内に提供するか契約内容に従って報酬の全額または一部を返還する契約になっている。

そのため転職者としては心理的に負担を感じる必要はなく、普段通りに転職先で勤務すれば良いのである。

 

スポンサーリンク

対策としては「他の転職エージェントと求人サービス併用する」こと

転職エージェントは担当者によって、転職の結果も大きく異なる。

そのため転職エージェントを利用する場合は、複数に登録をすることと別の求人サービスを利用して「転職活動の補助」を行なう方が良いだろう。

転職エージェントが勧める求人内容が全て正しいとは限らないため、「別の情報源から企業の内状を知る必要」がある。

「転職会議」や「Vorkers」などのサイトにも合わせて登録して、エージェントから紹介された求人の内状をチェックしておいた方が良い。

twitterでも有ったように、この方法は有効であるため、ぜひ覚えておいて欲しい。

 

スポンサーリンク

デメリットはどんなサービスにも付き物

転職エージェントサービスにはやはりデメリットもある。これはどんな物にも両面があることを考えれば当然でもある。

そういったデメリットがあることを踏まえて、エージェントサービスは選んで欲しい。

もしデメリットよりもメリットが大きければ、エージェントサービスを利用すれば良いし、転職サイトが良いと思えばそちらを利用する方が良いだろう。

転職エージェントのおすすめはトップページでも紹介しているため参考にして欲しい。

 

最後に、もちろん転職エージェントにもメリットは存在する。メリットに関しては以下のページで解説する。

関連記事:https://jobs-changing.com/job-agent/agent-merit

 

コメント