プログラミングの独学は「無理ではないが難しい」ので目的に合わせて、独学かプログラミング教室に通うと良いです。

スポンサーリンク

 

このページは「プログラミングは独学で勉強できるのかな?」「独学は難しいかな?」と思っている方向けの記事です。

 

このページを読んでいる人には「WEBエンジニアになりたい」「プログラミングを身に付けたい」と思っている方が多いでしょう。

そういった方は「独学をしようか?」「プログラミングスクールに行こうか?」と悩まれると思います。

 

早速ですが、結論を言うと以下のようになります。

  • プログラミングの独学は無理ではないが、目的に合わせるべき
  • 本当に難しいのは業務知識
  • 1番おすすめはプログラミング教室に通うこと

 

私は元SEの端くれでしたが、やはりプログラミングをしっかりと勉強するには「プログラミング教室に通う」ことをおすすめします。

 

プログラミングは機会のように「一語一句」間違えてはいけませんし、人間の会話のように不足部分を補ってくれませんから、「正しい形を身につける」ことが必要です。

 

そのためにもプログラミングはあなたの目的によっては「独学よりもしっかりと勉強できる場所」で習われることをおすすめしています。

 

 

スポンサーリンク

プログラミングの独学は無理ではないが、目的に合わせて決めよう。

元SEの立ち場から言わせてもらうと、プログラミングの独学は無理ではありません。
ただ、あなたがどの程度までプログラミングをしたいのか「目的」によって変わってきます。

 

もし「軽めに学習したい」「どんな物なのか知りたい」程度であれば、独学で十分です。
そこで興味を持ったら本格的に学習すれば良いだけですから。

 

もし「WEBエンジニアに転職したい」「将来はエンジニアになりたい」という場合は独学よりもプログラミングスクールでエンジニアから習った方が良いです。

 

プログラミングは1文字でも間違いがあると正常に動かずにエラーが発生します。
例えば、「:」を「;」と間違えただけでエラーが発生し、プログラムが動かないんですね。

 

人間同士の会話なら自然と会話の内容を想像したり、相手の言いたいことを配慮しますが、プログラムは書いてあることが全てです。
これがプログラムの大きな特徴です。

 

実際プログラミングは繊細で神経を使うんですよね。
これはやってみると本当にわかります。

 

ですから、職業として就職や転職を考えている場合は、適切な形を勉強される方が良いですよ。
独学ではどうしても自分の癖が出来てしまいますから、プログラミングには問題になります。

 

プログラミングでは「正しい形で正しく伝えること」が大事になります。(もっと言うと最小限の文字数やロジックで伝えること)
だからこそ、職業レベルまでプログラミングを学ぶならスクールに通って学ばれるほうが得策ですね。

 

先ほどのように趣味や興味程度であれば独学で大丈夫です。問題ありません。

 

スポンサーリンク

実はプログラミングで難しいのは、「業務知識」を得ること

元SEの立場から結論を言わせてもらうと、プログラミングよりも難しいことが業務知識です。
私の経験から言っても、業務知識をしっかりと覚えるためにも、プログラミングを完璧にしないとキツいです。

 

実はプログラミング自体はそれほど難しいわけではありません。
勉強と同じで、頑張れば誰でも身につけることができます。

 

本当に難しいのはその先で、独学では業務知識を得ることが難しいんですね。

 

例えば、プログラミングではテストが必要になりますが、その際に単体テストや結合テスト、総合テストなどがあり、プログラムをチェックしていかないといけません。

 

その際に「どんなテストをするのか」「そのテストで何をみるのか・注意するのか」と考えないといけないんです。
これはプログラミングだけを独学で行なっている人では身に付かない知識ですから、業務知識は必要になりますね。

 

またWEB通販システムでも誰かがカート(買い物カゴ)に入れた商品に対して、他人が購入しないようにロックを掛けないといけません。(排他制御)
そうしないと10個の在庫製品を100人が注文してしまい大混乱が起きる可能生があります。

 

こういったことはプログラミングだけでは身に付かない知識です。
私も学生時代に独学をしていましたが、独学をする場合に1番これが困りますね。
個人が独学で本を購入して勉強しても、ここまで網羅できるかどうかはわかりませんから。

 

業務知識はどうしても仕事をしながら覚えていくものです。
しょうがないと言えばしょうがないと言えます。

 

そこで業務知識をしっかりと覚えるためにも、独学であってもプログラミングは完璧にしておくことです。
特にプログラミングであればスラスラと書けるレベルまで持っていくこと。

 

想像できると思いますが、プログラミングが中途半端な状態で業務知識を覚えていくのは大変ですね。
こんな状態で就職をして仕事をすれば頭が一杯一杯になってしまいますから。

 

だからこそ「最初にプログラミングは完璧にしておいて、仕事をしながら業務知識を勉強していく」とエンジニアに転職しても上手くいきますよ。
独学でもプログラミング教室に通われる場合でも、まずプログラミングを完璧にしておくと業務知識の理解に集中すれば良いですから楽になります。

 

ですから、まずはプログラミングを完璧にしましょう!
もしプログラミングを勉強してエンジニアへ転職したい方は、是非ここまでやっておくことです。

 

スポンサーリンク

プログラミングをしっかりと学ぶなら独学より「教室に通う」方が確実

すでに書いたように個人で楽しむレベルであれば独学でもOKです。
「ちょっと知りたい程度」なら本やネットで調べられますからね。

 

しかし、もし

  • 「WEBエンジニアやシステムエンジニアに転職したい」
  • 「エンジニア職に就職したい」

なら、しっかりと勉強されることをおすすめします。

 

私も独学で一通り勉強していましたが、実際に社会人になって研修を受けた時、プログラミングの浅い部分しか理解していないと感じました。

 

自分で勉強するとどうしても「抜け」が出来てしまい、それがプログラミングを深く理解していく壁になっていました。
最初に癖ができると、ちょっと厄介なものがプログラミングです。

 

ですから、職業としてプログラミングが必要ならしっかりとプログラミング学校などで勉強されることをおすすめします。
今はエンジニア不足であり、プログラミング教室も勃興していますから多くある中から選べますからね。

 

無料で体験できるプログラミングスクールもありますから、まず体験されてみると良いです。
1人ではつまづきやすい・質問しにくい・また理解しずらい点がありますから、最初ほどしっかりと勉強することが大事です。

 

プログラミングスクールは以下のページでまとめています。
オンラインのマンツーマンで指導を受けたい方は「code camp」、オンラインで済ませたい方は「Tech Academy」、直接教わりたい方は「DMM WEBCAMP」が良いです。

転職保証があるサービスもあるので、エンジニアへの就職レベルで考えている方にはきっと役立ちます。