【体験談】から見るワークポートの評判は?相談だけは可能か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワークポートは『ITエンジニア』が絶対に使いたいエージェントサービス

 

ワークポートは、10年以上前からITエンジニアの転職では有名なエージェント企業です。

現在でも、ITエンジニアはもちろんのこと20代の若年層の転職支援にも力を入れて総合型の転職エージェントサービスを目指しています。

現在はメーカーや販売やサービス、営業やバックオフィスなど広い分野への転職支援も行なっています。

 

スポンサーリンク

ワークポートを利用すべき人・利用しない方が良い人

 

ワークポートを利用すべき人

 

ワークポートを利用すべき人
  • ITエンジニアや情報系の方
  • 転職活動を効率良くツールを使って管理したい方

ワークポートは元々IT系エンジニアの転職エージェントであったため、情報系の方が利用したいエージェントです。

特に公開求人だけでも約2万件と膨大であり、ワークポートの公式HPには「大手企業や有名企業ほど非公開求人が多い」と記載されている。

そのためキャリアアップや給与・待遇改善を目指すITエンジニアの方は、ワークポートの非公開求人も狙っておきたい。

 

またワークポートの「eコンシェル」も転職活動の効率化には定評があり、非公開求人の閲覧や自身の応募状況や選考状況が確認できる。

特にこの機能は在職中の就職活動には大変便利であり、「進行状況が確認できて役に立った」という意見がある。

登録後は是非使っておきたい。

 

ワークポート以外の他社を利用すべき人

 

ワークポートを利用すべきでない人
  • エンジニアや情報系以外のキャリアアップを狙う方

こういった方はできればリクナビエージェントやDODAを利用された方が良いかもしれません。

特に営業や事務職等の一般の会社員は、長年総合型の転職エージェントとして業務に尽くしてきたエージェントの方が信用できることでしょう。

 

スポンサーリンク

特徴は?

ワークポートの特徴は、「IT/情報系の求人に強い」ということです。

現在は総合型の転職エージェントに移行し始めていますが、元々は情報系のエージェントであり、現在でも情報系のエージェントとしては定評がある。

公開求人数も約2万件と豊富であり、非公開求人に大企業や有名企業の求人が入り込むことを考えれば、ぜひ覗いておきたい。

現在ワークポートの公式HPには「IT系の大手有名企業」のロゴが掲載されていることから、元々の本業であったIT情報系の求人に強いのだろう。

転職時期が未定でも「相談だけも可能」

ワークポートでは相談だけも可能なようです。

転職時期がまだ未定でもキャリアの相談や業界情報を提供してくれると公式HPに記載されています。

 

スポンサーリンク

ITエンジニアは「ワークポート」に登録しておきたい

ITエンジニアであれば元々情報系のエージェントをしていたワークポートはぜひ利用しておきたい。

現在は20代や若手向けの総合型のエージェントにもなりつつありますが、それでも情報系の転職には欠かせないエージェントだと言えます。

■ ワークポートの無料登録で転職する

 

 

 

 

コメント