薬剤師が「日本の労働環境が悪化していることを証明した話」を紹介する

スポンサーリンク

以前、薬剤師の方とお話する機会があった。

そこでの面白い(興味深い)話とは「過去滅多に処方しなかった漢方」が「ここ数年は処方が増大している」ということだ。

その漢方とは、ストレスや緊張をほぐすために使われる漢方で「鬱病」「気の滞り」などに処方されるものだ。

中医学や漢方の世界では「肝」といって主にストレスに関係すると思ってもらっていい。

 

その薬局でこんなやりとりがあった。

 

私「この漢方は何の漢方ですか?」

薬剤師「それは中医学でいう肝に作用する疎肝剤ですよ。気滞(気の滞り)などの症状で使われます。」

私「そうなんですか」

薬剤師「今はね、昔は使わなかったけど、若い人もこの処方が増えていてね。」

私「どういうことですか?」

薬剤師「私が若い頃は、この漢方を処方することはほとんどなかったんですよ。それが最近はこういった疎肝作用のある漢方の処方が増えていてね。うちもそうだけど、特に会社員で増えている印象だね」

私「会社員がこの漢方を?」

薬剤師「えぇ、最近は会社員の人の労働環境ってヒドいもんでしょう。私も昔は働いていたけど今の環境は昔以上に悪いね。」

 

 

つまり、この薬剤師は「処方される漢方薬の変化によって、日本の変化を感じ取っていた」ということだ。

もちろんこの方は漢方専門の薬剤師の方でもう数十年運営している。(私が見たところ65歳は超えている)

長年、薬を取り扱っていた薬剤師が言っていため、情報の信憑性は高いのではないか?と私は思っている。

疎肝作用のあるその漢方については大昔から存在しているものだった。
つまり、その薬剤師が若い頃から存在している。

その薬剤師が長年やってきた漢方の世界でそう感じたなら、それも本当のことだろう。

 

しかし、ここで覚えてもらいたいことは「東京のオフィス街で働く会社員の生活とは離れた存在」であるような住宅街の薬剤師が、「処方する漢方薬の種類」によって会社員の変化を感じ取っていたこと。

実際に東京のオフィスにいない薬剤師が、会社員の生活を漢方という薬を通して見ていたのである。

 

薬剤師の方は「現代の会社員の労働環境は私達の時(数十年前)よりも大幅に悪化している」と言っていた。

この薬剤師の方の「漢方を通した世間の観察眼」には、今でも脱帽する。

 

 

コメント