会社では上司は部下に「怒る」のではなく「叱る」べきだ

スポンサーリンク

日本では部下が間違いやミスをした場合、上司は部下に対して「怒る」というのが一般的だ。

一見すると間違いではないようだが、本当は「怒る」のではなく「叱る」べきである。

 

「怒る」と「叱る」は違う。上司は部下を「怒る」のではなく「叱る」こと

実は「怒る」と「叱る」という行為は大きく違う。

「怒る」とは感情を露にするという意味で、例えば、机を叩いたり、音を立てるという行為や嫌な表情をすることや汚い言葉を使うことが挙げられる。

たとえ部下を叱らなくとも自分の感情を出してしまえば部下に「怒っている」と思われる。

 

一方、「叱る」とは、感情を控えながら業務遂行の際のミスや間違い自体を指摘するもので、感情を露にせず、論理的に間違いを指摘してることだ。

ここで指摘するべきことは業務内容だけに留めるべきであり、

上司の言い方や伝え方が適切ならば、「叱られている」と部下は感じるだろう。

 

この「怒る」「叱る」という行為は同じ行為だと思われがちだ。確かに実際にそれを行なっている側から見れば同じように見えるが、それを受け取る側の解釈は大きく異なる。

 

「怒られる」と「叱られる」では、部下の上司に対する感じ方が大きく変わる

部下は「叱られる」と【仕事でのミスについて指摘された】と解釈するが、「怒られる」と【ミスをした自分自身を責められている】と解釈してしまう

「怒られた」部下は、感情をぶつけられるため自分自身を責められていると感じてしまう。

そして、ミスをした上に感情をぶつけられているので「次は怒られたくはない」というトラウマになってしまう。

仕事関係の上司が感情をぶつけてくるということは普段は有り得ないことであるためこのように影響が大きい。

これが後々、上司に正確な情報を伝えなくなったり、部下の業務効率が落ちるという原因なのである。

なぜ部下が必要な情報を上げてこなくなったのか、と思うことがあれば部下に対して「怒っていないか」改めて考えてみると良い。

 

「叱られた」部下は、叱られた原因があくまでも業務内容のミスに原因があると考えることができるため、気分を変えて仕事に切り替えることが容易なのである。

だから、立ち直りも早く後に残ることはない。

 

たった「感情が含まれているかどうか」で部下の解釈は大きく変わる。「叱る」と「怒る」は大きく違うのだ。

 

これが上司と部下の関係が上手くいかない最大の理由である。

つまり、「上司が叱ったつもりでも部下が怒られたと感じたら関係が上手くいかなくなる」わけである。

またこれが男女の性差や世代間のギャップがあるとさらに上手くいかない原因になる。

 

上司が感情的に怒ることで良いことはまずない。感情を露にすることはミスを正すという目的において不要なのである

感情を出しても良いことはない。

 

「怒る」行為が許される場合

では、上司が部下に怒っても許される場合はどういう場合かといえば、プライベートなどで親交があることだ。

例えば、大学時代からの先輩後輩であり長い時間を一緒に過ごしてきた上司が初めて感情を出して怒ったという場合は問題がないだろう。

このように関係性が充分出来ている場合は怒っても問題になることは少ない。

しかし、こういった関係は一般企業では皆無であり、よって「怒る」という行為が尾を引く可能生は高いのである。

また「部下がどのように思うか」が全てであるため100%問題がないとも言えない。

やはり、どうしても相手の解釈による部分が大きいため上司は最大の注意を払って部下と向き合わないといけない以外は言えないのである。

 

コメント