会社員が辛いことは「付き合い」や「満員電車」などの「強制された時間」が給料に見合わないことが多いから


ビジネスマン向け

       

 

会社員が辛いと思ってしまう方が多いんじゃないですか?
私もそうですが、会社員は強制された時間が多いので「辛い」ことが多いんです。

 

これは給料や待遇が良ければ、まだ何とかなることがありますね。
「これだけ給料があればやっていけるかな」
「有給休暇も自由に取れるしそれほど不満は無いかな」
と納得できれば良いですよ。

 

しかし、そういった環境ではない会社員はやっぱり辛いです。
強制された時間(仕事や通勤など)が給料や待遇と釣り合わないとやっていけないですからね。

 

そういった会社員はできるかぎり良い環境に移って、早めに脱出されることをおすすめします。

 

自分が嫌な環境は長続きしませんからね。
自分が納得できる環境であればやっていけますから、それを早く見つけることが大切だと思います。

 

もし退職することを決めたとしても「上司が怖い」「会社に電話したくない」と思われる時は退職代行を使う方法もあります。
今はこういったサービスがありますから、必要であれば上手く利用して下さい。

 

関連:行きたくない、話したくない会社を退職するなら「退職代行サービス」を利用するとおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

会社員が辛い理由は強制された時間が多いから

 

「会社員生活が辛い」と感じる理由には様々なものがありますが、その1つには「強制された時間」が多いことが挙げられます
以前、飲み会の二次会のカラオケについても書きましたが、あれも同じ強制された時間です。

 

例えば、「会社の付き合い」があります。
会社員は自営業やフリーランスと違い、取引先を選ぶことができないため嫌な相手とも取引や接待などを行なわないといけません。
これは業務であるため会社員にとっては「強制された時間」です。

 

また「満員電車」も同じです。
在宅でも可能な仕事内容であっても出勤を余儀なくされるだけでなく、会社員は基本的に通勤では公共交通機関を利用することが推奨されるため自動車通勤も許可されない企業も多いです。

 

さらに企業によっては自分でどのルートで通勤するかも自由に選べずに最安のルートを強制的に選ばされる企業もあります。
会社員は「強制された時間」が多く、これらは本人が選ぶことができません

 

 

賃金や待遇が本人が納得できるような適正なものであれば話は別ですが、そうでない場合は間違いなくこの強制された時間が苦しく感じてしまいます。
会社員が辛いと感じる理由の1つには、この「強制された時間が多い」ことが原因です。

 

 

強制された時間は「こなす」作業になりやすい

また強制された時間は「こなす」という作業を多く生んでしまいます。
「こなす」という作業では、どうしても「義務」になってしまい、自主的なものではなく受動的なものです

 

この時間はどうしても辛いものです。
強制されて行なうことは、どうしても辛くなりがちです。

 

 

一方、人は自分で主体的に行なっていることは間違いなく楽しいと感じる生き物です。

例えば、友人と一緒にカフェ等で旅行の計画を立てる時や趣味のサッカーをするために新しいスパイクを選ぶという時間は間違いなく楽しい時間です。

 

これらは「こなす」時間ではなく、「主体的な」時間であり、頭の上に蓋を乗せられたような受動的な時間ではありません。

 

会社員は時間を賃金に変えているため、こういった時間を業務時間内に持つことは難しく、どうしても「こなす」時間が多くなります。
この「強制された時間」を「こなす」こと、これが「業務」であり「会社員の仕事」でもあり、会社員として辛いながらもやっていける理由は、この「業務」を「賃金」と天秤にかけられるからです。

 

 

しかし、天秤にかけられない会社員もいますね。
業務が苦痛だと感じてしまう会社員です。

 

賃金が少ない・満員電車に乗れない・有給休暇が取れないなど事情は様々でしょうが、それらで業務苦を打ち消しができない人です。

 

こういった他人に強制されたことを行なうことが苦手な人間は自分で事業を行なうなり、独立をするなり良い環境への転職なりを考えた方が良いです。

 

起業家や社長が事業に長時間従事できるのは「大きなリターン」とそれが「主体的にできること」です。

 

起業家や社長は「自分が好きなことをやっている」または「金銭のリターン」が多いため、業務に従事できます。
会社員が辛いと感じている場合は「業務」に対して「天秤にかけるもの」があまりに小さいのです。

 

この「天秤にかけるもの(例えば、賃金や自分の好きなこと)」が大きくなるようにしなければ、会社員はやっていくことは難しくなります。

 

 

スポンサーリンク

会社員の辛さは強制された時間が給料や待遇に見合わないこと

そして現状として、会社員の環境にはこの天秤を考えた時に、釣り合うケースが大変減っていると思います。
終身雇用や年功序列があれば多少ブラックでもやっていけますが、給料が削られて残業代が出ずに社長の高級車を買うためだけにやっていくことは難しいわけです。

 

 

私の友人に新卒2,3年目で手取り15万くらいがいましたが、それでは流石に会社員の生活は厳しいわけです。
大体25万円くらいの手取りでないと、満員電車に耐えて残業して仕事していくのは大変です。

 

もう昔のように会社が家族で最後まで面倒見てくれることはほぼ無く、社員を若いうちに使い切ろうと考えている企業も多いわけです。
これじゃ釣り合わないですから、会社員として働いていても辛いですよね。

 

スポンサーリンク

解決するには

これを解決するには自分が何に辛さを感じているのかよく考えてみることです。
漠然と「会社員だりぃー」ではなく、「私は満員電車でなければ仕事はできる」「もっと給料さえよければ頑張れる」といったように自分を見つめ直すことです。

 

ここで具体的に自分が嫌いなものや我慢できないことが分かれば、それを解決していくことに注力していきます。
満員電車が嫌なら会社の近くに住んだり、フレックスなど通勤時間を変えてみること、仕事自体が辛いなら転職や配置転換を申し出るなど。

 

ここでは原因を正しく見つけてそれを解決することです。
自分が「これは嫌だな」と自覚することは、大体合っていないことが多いですからね。

 

ちなみに「自分はどんな仕事が向いているのか」と悩む20代が多いですが、子供の頃に好きだったこと・他人から褒められるような得意だったことは向いていることが多いです。
もし仕事や人生で迷っている方は、未来ではなく過去を見つめてみると見つかりやすいはずです。

向いてる仕事の探し方、見つけ方は「子供の頃に好きだったもの」「他人から褒められたこと」を思い出すと良い
「自分はどんな仕事が向いているのだろうか」と誰でも悩むことがあります。 この時には「どうすれば自分に向いている仕事が見つかるんだろうか」と多くの方が探し方や見つけ方に困るはずです。 では、どうすれば探しやすく、見つけ...

 

 

会社員は強制された時間が多いのですが、これが昔のように給料や待遇と釣り合えばやっていけますが、そうでなければ「やってらんない」「もう会社員は無理」と破綻してしまうことが多いです。

 

会社員は社会保険料の値上がりや終身雇用や年功序列が廃止されて待遇は悪化していますが、それでもよく頑張っていますよ。
早く普通の会社員が普通に暮らしていけるように納得できる生活環境が広がるように願います。

 

 

当サイトでは転職エージェントの比較やおすすめを紹介しています。
これから転職を考えている若い方(30代くらいまで)は参考にしてください。

 

 

 
トップページへ戻る

その他カテゴリー一覧


  1. その他まとめ
  2. ビジネスマン向け
  3. 企業に関して思うこと(雑記)
  4. 学生(就活生)向け
  5. 私のブラック企業体験談
  6. 転職エージェントのおすすめ比較
  7. 転職エージェント関連
  8. 転職サイトとエージェントの評判
  9. おすすめ転職サイトの特徴を比較!