「会社を辞めたい..」「仕事に疲れた…」と思ったら素直に「自分の自然な気持ち」を大事にした方が良い。解釈を変えてもその仕事は続きません。


ビジネスマン向け

       

 

「会社を辞めたい..」「仕事に疲れた…」時は自分の素直な気持ちを大事にして行動すること。
これが1番大事なことです。

 

このページは「勤めているブラック企業に不満がある方」「今の仕事に疲れた方」向けです。
「会社を辞めたい」「仕事に疲れた」時に「どうすれば良いのか、どう判断すれば良いのか」を紹介しています。

 

 

「今の仕事を辞めたい」「もう会社に疲れた」
こんな風に悩まれることがありますよね。

 

私もSEで働いていた時にそうでしたが、こう思ってしまう時って本当に辛いですよね。
「明日も仕事か」「こんなブラック企業嫌だな」と思っていると憂鬱な気分にもなってしまいますからね。

 

楽しい土日も気分が上がらないし、平日は朝から憂鬱で電車にも乗りたくない。
私も経験者ですから気持ちはよく分かります。

 

 

でも、こういった状況が続いていくのはやっぱり変えたいと思いませんか?
毎日嫌な気持ちでいるのって健全な状態ではないですよね。

 

別に大金持ちにならなくても、せっかく1回しかない人生なら自分が納得して働ける仕事や会社で過ごしたいと思うはずです。

 

実は、かつての私は会社に行くと腹が痛くなりSEを辞めた人間です。そうなる少し前には「会社辞めたい」と頻繁に思っていたんですね。

 

ですから、このページを読んでいる方には私のようになって欲しくないわけです。健康なうちに行動しておけば軽症で済みますからね、何でもやり直せますよ。

 

 

もし本気で「今の会社を辞めたい」「今の仕事に疲れた」と思っているならば、その自分の気持ちを大事にして行動しましょう。

 

あなたが素直に感じていることは、あなたにとっては正しいことです。
誰だって「好きなもの好き」「嫌いなものは嫌い」ですからね、自分で自分をごまかす必要も無いんですよ。

 

自分の気持ちに正直になって「今日も1日頑張ろう!」と前向きになれるような仕事や会社で働けるように行動しましょう。
大事なことはあなたの素直な気持ちに正直にいることです。

 

 

スポンサーリンク

仕事を辞めたいと思ったら、自分の素直な気持ちを大事にしましょう。

「今の仕事を辞めたい」「もう会社には行きたくない」
そう思ったなら、それはあなたの正直な気持ちです。

 

合っていない仕事や自分にストレスになる会社ではどうしても「嫌な気分」になるんですよね。
毎日仕事の支度をしている時や満員電車のつり革に掴まりながら「今日も会社行きたくないな」「今の仕事合ってないな」と思ってしまいます。

 

特に毎日そう思ってしまうなら、それはあなたに合っていなかったり、あなたの潜在意識が語りかけていることですからね。

 

周りの意見や誰かの意見を聴くことももちろん大事です。
でも、人生を歩んでいくのはあなたですから、自分の心を大切にして自分で決断をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

ちなみに、私も合わない仕事を続けて「辞めたい」⇒「辞めた」人間です。

私は元SEで働いていましたが、「この仕事は合わないな」と感じて会社を辞めた人間です。
その前にもパワハラ上司に絡まれたり、SEはいつか辞めたいと思っていました。

 

SEを辞める直前は毎日「仕事辞めたいな」と思いつつもラッシュの通勤電車に揺られていました。
そんな日が3ヶ月くらい続いてやっぱりSEを辞めて違う職を選んだんですね。

 

今振り返れば早く辞めておけば良かったですね。
自分の気持ちを大切にして、自分が感じたことを信じてあげれば良かったと感じます。
そして早めに行動しておけば、毎日思い悩む苦労も少なく済んだのにと思います。

 

このページでも書きましたが、20代で会社を辞めて別の仕事をすることは珍しいことではありませんよ。

 

今このページを読んでいる方の状況がわからないので何とも言えませんが、私の在籍した会社でも2割程度は3年ほどで退職して違う仕事に就いていましたからね。
仕事を変える、会社を移ることは別に珍しいことでも何でもないですよ。

 

むしろ、私みたいに「会社に行くと腹が痛い」となる前に辞められるべきです。
経験者として言えることは、健康被害が出る前に行動されることが何より大事です。

 

やっぱり健康が1番大事ですからね、体が健康なら再スタートも可能です。
もし悩んでいるなら早めに行動して準備しておくべきです。

 

私もそうでしたが、「行動する」って意外と腰が重いんですよね。
ですから、この私の体験をキッカケに行動の大切さを知ってもらえると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

【私の実体験】職場が違うだけで毎日が楽しくなります。

私の経験から言うと、職場が変わるだけで人生が変わるほどの衝撃がありました。
「仕事ってこんなに楽だったの?」「ここの人みんな神様じゃん!」といった具合です。

 

盛っているように聞こえるかもしれませんが、これは本当です。
私はパワハラをするネチネチした上司に絡らまれていましたが、職場が変わって人も変わるとそれもなくなり精神的にも非常に安定しました。

 

会社が良いと毎朝楽なんですよ。
朝の気分も「今日も仕事か…」から「今日も一日やってやるか!」に変わります。

 

今読んでいる方にも被害者がいると思いますが、ハラスメント上司やサービス残業企業にいると心身共にやられます。
本人がどこか納得していれば良いのですが、納得できない企業で働いていると悪影響が私生活まで影響しますからね。(体験済み)

 

職場や仕事が違うだけで人間関係の問題やブラック企業・ハラスメントも無くなります。
私のようにそれまでの職場環境とは違って、楽しい生活になることもあるんですよ。

 

 

スポンサーリンク

「仕事を辞めたい」「会社に疲れた」気持ちは頑張っても誤摩化せません。

「先輩が言っていたように、パワハラを受ける原因があるのは私だ」
「給料が低いのは、俺の努力が足りないんだ」

 

みなさん解釈で心を誤摩化そうとしますが、これを続けているといつか心が壊れてしまいます。

 

「この仕事は大変だけど続けていけそう」「自分に向いているし特に文句もない」
あなたが心から納得できる仕事なら続けていけるはずです。

 

心から「この仕事なら大丈夫だ」「この会社なら人間関係も良い」と納得できる仕事に出会えると「あの会社へは行きたくない」「今の仕事を辞めたい」と思うことも無くなりますからね。

 

大事なことは心から納得できる仕事を見つけることです。

 

スポンサーリンク

でも、誰でも「辞めれば良い」「転職すれば良い」わけじゃありません。

でも、誰でも辞めて良いわけではないですよ。
「本気でこの会社を辞めたい!」「別の仕事に就きたい!」と強く思っている人だけです。

 

笑いながら「会社かったるいわー」「今日も仕事かー」と余裕を持ってそう思える仕事ならぜひ続けて下さい。
真剣に考える必要性を感じられないなら、それは続けられる仕事ですからね、心配はいらないでしょう。

 

もし深刻に悩んでいるなら、本気でどうにかしたいと思うなら行動しましょう。
「今の仕事は辞めたい」「会社に行くのはもう限界、無理!」と、うつむいて足取りが重くなるようなら、それは本当にあなたにとってそれだけ重要なことですからね。

 

私のように「会社に行くと腹が痛くなる」または「うつ」になる前に準備を進めましょう。
在職中であればお金や生活の心配がいりませんからね。

 

スポンサーリンク

【解決策】は「原因」を見つけて、「それを正す」しかありません。

「会社を辞めたい」「仕事に疲れた」と思う原因は何なのかと考えてみて下さい。
皆さんそれぞれにそう思った心当たりがあると思います。

 

原因 解決策
今の仕事が合わない 転職/配置転換
勤務先がブラック企業(ハラスメントやサービス残業/低賃金など) 転職
職場での人間関係の悩み 時間で解決可能⇒待つ
時間で解決不可/待てない⇒転職/配置転換
体に症状が出ている 長期休養⇒転職/配置転換/辞職/

 

今の仕事が合わない

転職をするか大きな会社なら配置転換(異動)をしましょう。
合ってない仕事を続けているとストレスになりますし、人よりも何倍も労力が必要です。

 

コミュニケーションが苦手な人が営業になるのは辛いですし、大雑把な人がSEなんてやったらそれは大変です。
自分にある程度合った職業のほうが毎日の生活も楽になりますよ、体力的にも精神的にも。

⇒ 向いてる仕事の探し方、見つけ方は「子供の頃に好きだったもの」「他人から褒められたこと」を思い出すと良い

 

このケースは今の仕事に余裕があれば在職中に転職活動をすべきです。

 

勤務先がブラック企業(ハラスメントやサービス残業/低賃金など)

これは転職した方が良いです。
あなたではなく会社に問題がありますから、会社を変えることしか選択肢はありません。

 

このケースは自分で気づいたら早めに行動しておきたいです。体を壊す前に。

 

職場での人間関係の悩み

時間で解決可能できるかどうかが大事です。
嫌な相手がいなくなるまでの時間を我慢できるかどうかで考えましょう。

 

1年後にあなたの嫌な人がいなくなるなら、そのまま残っても良いです。
ずっと一緒で過ごす可能生があるなら転職や配置転換など行動しておくと良いですよ。

 

ただ配置転換については人間関係で許可されるかわかりませんから、職を変えることが必要になるかもしれません。
人間関係で悩まれて転職される方は多いので、それほど気にする必要はありません。

 

体に症状が出ている

これは即刻動くべきです。
そうでないと私のように腹痛になったり、もっと悪化することもあります。

 

病院に行って診断書を貰って休養を取りましょう。
病気などで出勤できない場合に給料の3分の2が支給される「傷病手当」がありますから、そちらも目を通して下さい。

 

どんな症状が出てくるのか私の体験を載せておきます。
全ての人が同じではありませんが、参考にして下さい。

 

タイプ 対策や解決策
①なんかだりぃー/かったるいわー/行きたくないわー 頑張りましょう!笑
②会社に行く前の朝に気分が落ち込む 前回の職場の時はどうだったか比較してみる。新卒で入社した場合は会社や仕事が合わないことを考える。転職も視野に。
③いつも怖い夢・追いかけられる夢・職場で怒られる夢を見る 対処が必要。仕事の不安やストレスが大きい。責任の重い仕事や合わない仕事をしていないか考えて行動すべき時期。(転職/休養/配置転換など)
④今の職場になってから明らかに朝の体調が悪い/ベッドから起きられない/何かしらの症状が出る/逃避行動を取る(カフェで長居する/わざと電車に乗らないなど) 休養を取る/転職/配置転換の時期。早めに行動が必要なサイン。

引用元:【私も体験済み】会社に行きたくないのはやっぱり朝。平日の朝が憂鬱な仕事は続きませんでした。

 

  病気や就業困難で辞職する場合

すぐに復帰できる場合でも元の会社に戻らずに転職活動をする方法もあります。
ただこの方法では、面接する人事に良い印象を与えにくい傾向があります。

 

この場合は、復職してまたは退職後に転職活動をすると良いです。

 

言ってみただけ

精神的に余裕がある状態ですからまだ大丈夫でしょう。
友人や同僚とふざけながら言えるのであれば、深刻な状況ではないはずです。

 

ただ、ふとした時に口癖のように頻繁に出る場合は要注意です。
本人の意識上ではふざけ程度でも潜在意識では辞めたいと思っている可能生があります。

 

 

スポンサーリンク

在職中の今から行動をして備えましょう。早いほうが良いです。

大事なことは在職中から行動を始めることです。
その理由は、私を含めて皆さんには現実的にお金や毎日の生活の問題があるからです。

 

会社を辞めてずっと宙ぶらりんになることはおすすめしませんよ。
もちろん病気の療養や本当に限界なら辞めることを優先したほうが良いこともあるでしょう。

 

でも、そうなる前の体が動ける状態の時に「行動」してもらいたいんですね。
重傷になると行動そのものができなくなりますから「今の仕事辞めたいな」「仕事に疲れた」時に早めに動いておくことです。

 

まだ在職中であればお金や生活の不安がありませんからね。
「お金がなくて苦しい」「どうすれば良いんだろう」と不安に悩まされることがありません。

 

新しい仕事を探しながら、お金や将来の不安を感じるのは嫌ですよね。
不安を感じながら新しい仕事を探していると、思いっきり行動できないですからね。

 

そうならないためにも今行動することが大切です。
「最低でも現状の生活はできる安心感」がある在職中に行動していきましょう。

 

 

大事なことは行動しながら、その都度考えておくこと。足を止めると行動も止まります。

本気で「今の職場を辞めたい」「違う仕事に就きたい」と思うなら、行動あるのみです。
そうしないと結局グダグダになって行動しないで毎日愚痴だけをこぼすようになってしまします。

 

誰でも人生1回しかありませんからね。
毎日「仕事辞めたい」「今の仕事に疲れた」とネガティブに思うよりは「1日頑張ろう!」「今日も仕事頑張ろう!」と思える仕事や会社のほうが良いですからね。

 

まずは複数の転職サイトやエージェントサイトを利用して行動しながらその都度考えていきましょう。
どうしても想像通りに進まないことがありますが、その都度考えて行動していくしかありませんからね。

 

まずは「登録」⇒「利用」⇒「面接」⇒「内定/転職」と行動していきましょう。
ここまでできれば今の状況を抜け出すために必要な行動の半分が終わったも同然です。

 

【仕事を変えたい向け】

【別の仕事へ】未経験者向けのおすすめ転職サイトとエージェントサイトを比較していきます。

 

【転職向け】(エージェントはサポート有り/転職サイトはサポート無し)

【20代や第二新卒向け】おすすめの転職エージェントを比較して紹介していきます。

【20代や第二新卒の転職を決める!】おすすめの転職サイトを複数利用して成功させましょう。

 

【経歴に自信がある20代向け】(目安として職歴3年以上)

⇒ 「経歴に自信がある方向け」おすすめする転職エージェントの比較

 

 

 
トップページへ戻る

その他カテゴリー一覧


  1. その他まとめ
  2. ビジネスマン向け
  3. 企業に関して思うこと(雑記)
  4. 学生(就活生)向け
  5. 私のブラック企業体験談
  6. 転職エージェントのおすすめ比較
  7. 転職エージェント関連
  8. 転職サイトとエージェントの評判
  9. おすすめ転職サイトの特徴を比較!