【私も体験済み】会社に行きたくないのはやっぱり朝。平日の朝が憂鬱な仕事は続きませんでした。

スポンサーリンク

 

「なんだか平日の朝なのに会社に行きたくない」
「仕事のある日は、朝が憂鬱で気分が重い」

と悩まれていませんか?

 

やっぱり平日の朝は憂鬱な気分になって、「仕事に行きたくないな..」と思ってしまいますね。
私も前職のシステムエンジニア(SE職)がまさにそうで、仕事のある朝は「今日もダルいな」と感じていました。

 

実はこういった人の中には、職場が合っていなかったり、仕事自体が合っていない人が多いんです。
嫌な場所に向かう時って、自然と行きたくないと思うものなんですよね。

 

朝に「仕事に行きたくない」と思ってしまうのは、『これから』仕事があるからです。
ですから、意外と仕事が終わった夜になると気分が楽になりますね。

 

普通は「よし、仕事頑張るぞ」「今週も頑張ろう」と思うものです。
しかし「会社に行きたくない」と思うなら、それは何か原因があるからですね。

 

もちろん「怠け・サボり」程度で行きたくないなら良いのですが、本当に精神的に辛い状態なら話は別です。
その原因を見つけて、それに合った解決をしないといけません。

 

そうしないと毎朝ずっと辛いだけですから。
私はSEを辞めた人間ですから言いますが、毎朝会社に行きたくないと思うならやはり何らかの対策が必要です。

 

もし本当に「行きたくない・行けない」レベルなら、職場を移るなり、配置転換なり、職業を変えることも考えると良いですよ。
そうしないと、ずっとこの先も憂鬱な朝を過ごすこともありますからね。

 

このページでは、私自身の視点から原因や解決策を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

やっぱり【平日の朝はつらい】会社へ行きたくない

それぞれ「毎日長時間労働で辛い」「ブラック上司に合いたくない」「仕事が自分と合っていない」と朝に仕事へ行きたくない理由があると思います。
そういった会社に勤めていると、本当に仕事へ行きたくないと思ってしまいますよね。

 

朝に「会社に行きたくない」と悩まれている方には、こういった兆候があるんではないでしょうか?

  • 土日の朝は普通なのに平日は布団から出られない
  • 仕事にいく支度をするのもなんだかダルい
  • 土日は普通に乗れる電車も平日の朝は乗りたくない
  • 駅からオフィスまで歩く道のりも嫌だ

 

これらに当てはまる方は、ちょっと現状を変えることを考えた方が良いかもしれませんね
私も経験しましたが、平日の朝に「ダルい・辛い・行きたくない」と強く思ってしまう仕事は合っていないからです。

 

誰でも仕事で嫌なことはありますが、こういったことが続くようなら仕事や職場を変えることも考えないといけないかもしれません。

 

特に「月曜日の朝」は仕事に行きたくなります。

特に月曜日の朝は仕事に行きたくないと思いますよね。
月曜日は一週間の始まりですから、これから5日間の仕事のことを考えてしまいます。

 

週の始まりが辛い、憂鬱な気分になってしまうのは、週の大半の時間を過ごす仕事(会社)が嫌だからです。日曜の夕方から憂鬱になる人もいるでしょう。

 

月曜日の朝に会社に行きたくないと思うなら、多くの時間を過ごす会社や仕事に原因があると言えます。

 

 

スポンサーリンク

実は私もSEで【同じ体験】をしました。

こう言えるのも私がSEの時に経験したからです。
合わない仕事やキツい仕事は、仕事へ向かう朝に「行きたくないな..」って思っていました。

 

ブラック上司やキツい職場環境もあり、平日の朝の辛い時には有給で休みを入れたこともあります。
やっぱり自分が「嫌だ」「行きたくない」とまで思う仕事は難しいんですよ。

 

「今日も仕事ダルいなぁー」「会社早く終わんねーかなー」と笑って過ごせるくらいならそのまま続けて下さい。
それならその仕事は続けていけます。

 

しかし、会社に行く足が止まってしまう・電車に乗ることができない・会社に行く前にカフェなどで時間を作るなど、逃避行動が出るならそれはもう「体がやめろ」と意識に語りかけている状態ですからね。

 

ここまで来ると、自分を虐めているわけですから、体調や意識などどこかがおかしくなり始めます。

 

経験者から言うと、本当は「そうなる前に辞めておくべき」なんですよ。
でも、この判断はどうしても人生で自分で経験してみないと分かりにくいと思います。

 

ですから、私のSE時代の経験も踏まえてこのページに書いておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

朝に「会社に行きたくない」と思ってしまう理由について

もしかしたら、これを見ている方にも当てはまる理由があるかもしれません。
朝に仕事へ行きたくないと思ってしまう理由を紹介します。

 

仕事が合っていない

仕事が合っていないと会社に行く前の時間(朝)が辛くなります。
仕事が合うかどうかは大事なことで、合わないことをやっていると余計に気力体力を消耗するだけです。

 

例えば、力持ちの人が思い荷物を持つのは簡単ですが、力が無い人は難しいですよね。
同じように、人と話せる人が営業や販売業をやっても簡単ですが、コミュ力が低い人や笑顔を作れない人が販売業や営業をやるのも大変です。

 

そうすると、得意な人と比べて同じ時間・量を働いても疲れる度合いが強いんですよね。
同じ8時間働いても、苦手な仕事だとまるで16時間くらい働いたように感じるんです。

 

こうした仕事をやっていると、やはり朝が辛くなります。
仕事が辛く感じるので「会社に行きたくない」と思い、それが仕事前の時間である「朝」に出やすいんです。

 

こういったように合わない仕事をやっていると、その仕事の前の時間(朝や準備時間)が辛くなってきます。

 

「何かを行なうことに億劫になる」=「やりたくないこと」だから。

朝はその日の始まりですから、朝の気分でその日のこれからの行動をどう思っているか分かります。
朝から億劫になってしまうことは本人がやりたくないことでもありますからね。

 

分かりやすく言うと、これから遊園地や旅行など楽しい所へ行く時は朝から気分が良いですよね。
自分が行きたい・やりたいと思っていることは、体が自然と軽くなるので朝も楽に起きられますし、支度をすることができます。

 

しかし、やりたくないことや自分が嫌いなことがあると気分が塞(ふさ)ぎますね。
行きたくない取引先に謝罪に行く、ブラック企業に出社するなど気が進まないはずです。

 

このように、朝の気分はその後の自分の予定や行動について、本当はどう思っているのか本心が出やすい時間です。

 

もちろん誰でも嫌なことはあります。
しかし、本人が「行きたくない」と思ってしまう会社はやっぱり「やりたくない」「合わないこと」なんですよね。

 

さらに朝に寝過ごしてしまう・わざと乗らないといけない通勤電車に乗り遅れてしまうなど、逃避行動までとってしまうことは、本人の無意識でも「やりたくないこと」だと言えます。

 

 

「頭のリフレッシュができない」=「その人にとって重い仕事」だから

仕事が本人にとって重すぎると睡眠をとってもリフレッシュできません。
そうすると疲労やストレスが蓄積してしまい、寝ても毎朝疲れが取れなくなります。

 

もっと具体的に言うと仕事の緊張感が朝まで残るんですね。
普通の人は夜にはリラックスしてグッスリと寝ますが、それが取れないと怖い夢をみたり、仕事の夢を見るようになります。

 

結果的に朝は「気分が優れない」「体がダルくて疲れた」と体から意識の方へ影響を与えます。

 

次第に、毎日の仕事が重いのでその仕事が嫌いになり、会社に行きたくなくなってきます。
これが朝に何らかの行動(休む/わざと遅刻するなど)として出てくるようになります。

 

こういった経験の方も多いと思います。
これは仕事の内容や責任が重かったり、本人に合わない仕事をしているので負担が重いからです。

 

自宅まで緊張感が残って、寝ていてもその緊張が取れないんです。
もう24時間仕事をしていると言って良いかもしれません。

 

この場合は、仕事の内容や会社自体を変えることが解決に繋がりますし、休養も必要とする場合があるかと思います。
朝に「行きたくない」と思う以外にも、夢や体の症状のように身体症状が出ているわけですからね。(私も腹痛になって辞めました)

 

その他環境要因:満員電車やブラック企業に勤めている

本人がブラック企業に勤めていると毎朝仕事をしたくないと思ってしまいます。
今でもサービス残業やパワハラ・セクハラのブラック上司は本当に多いですよね。

 

きっと20代や若い方の悩む原因にこの理由が多いと思います。

 

こういった場合は「会社」が原因になっていることが多いので、職場を変えることで解決します。
ブラック企業が原因なので解決策は転職です。

 

本人が嫌だと思っている環境から脱出すれば、原因が消えるので朝会社へ行きたくないという結果も変わってくるんですね。

 

私も良い条件の職場にいたことが有りますが、その時は会社に行きたくないとは思いませんでした。
同じ仕事でも会社によって全く朝の気分や仕事へのモチベーションは変わりますよ。

 

特に最初の就職はクジ引きと同じです。
やりたい仕事が決まっているのに、会社がブラック企業で潰されそうなら早めに行動されると良いですよ。

 

 

スポンサーリンク

もし症状があるなら早急に対処しましょう。

症状が出ている場合は早めに行動しましょう。
状況によってはもう休養や配置転換も手段になります。

 

未来のことは想像することも難しいですし、たらればの話になるので絶対ではありませんが、私の実体験もあるので参考にして下さい。

タイプ 対策や解決策
①なんかだりぃー/かったるいわー/行きたくないわー 頑張りましょう!笑
②会社に行く前の朝に気分が落ち込む 前回の職場の時はどうだったか比較してみる。新卒で入社した場合は会社や仕事が合わないことを考える。転職も視野に。
③いつも怖い夢・追いかけられる夢・職場で怒られる夢を見る 対処が必要。仕事の不安やストレスが大きい。責任の重い仕事や合わない仕事をしていないか考えて行動すべき時期。(転職/休養/配置転換など)
④今の職場になってから明らかに朝の体調が悪い/ベッドから起きられない/何かしらの症状が出る/逃避行動を取る(カフェで長居する/わざと電車に乗らないなど) 休養を取る/転職/配置転換の時期。早めに行動が必要なサイン。

 

①と②の間には『身体症状の有無』の違いがあります。
②のように今までと違う体の症状のようなものが出ているなら、転職や職場での配置転換も考えたほうが良いでしょう。

 

③は体にストレスが掛かっている時期です。
体を休めるはずの睡眠にも影響しているのでノイローゼに近いですね。

 

④は身体症状が出ていますから私の経験から言うと限界です。
これ以上仕事をすると重傷化します。

 

① なんかだりぃー/かったるいわー

頑張りましょう!この言葉が出るなら本人にも余裕がありますし、冗談で言っている可能生もあります。

 

② 会社に行く前の朝に気分が落ち込む

まず最初の兆候として出ます。
私は会社がある平日の朝に出ました。

 

本人としては重大なことの入り口だと気がつきにくいです。
もし今の自分が当てはまると感じたならば、この段階で別の道を用意して備えておくと良いです。

 

③ いつも怖い夢・追いかけられる夢・職場で怒られる夢を見る

今思えば、この段階で仕事を辞めておけば良かったです。笑
仕事をしている時には気がつきませんが、辞めた今はハッキリとわかります。

 

経験者談から言って「怖い夢を毎日見る・追いかけられる夢・仕事の夢」は仕事のストレスが体に症状として出ています。

 

他にもクモの巣が頭や体に掛かる夢を見た時には相当ストレスが溜まっていると思って良いです。(私の体験談ですからまず間違いないです)

 

ここで手を打っておくと重傷化しないはずです。
仕事のプロジェクトが原因ならプロジェクトを降りたり責任者の交代をしてもらえば良いですし、仕事が向いていないことで負担ならば仕事を変えるように根本を正すと良いです。

 

④ 今の職場になってから明らかに朝の体調が悪い/ベッドから起きられない/何かしらの症状が出る/逃避行動を取る(カフェで長居する/わざと電車に乗らないなど)

ここまで来るともう職場を変えるか辞めるか休養を取るか病院に行くか何らかの対策が必要です。
むしろ、ここまで来る前に対処して下さい。

 

 

スポンサーリンク

「仕事頑張ろう」と無理をして考えを変えても限界があります。

周りの友人や同僚は「仕事を頑張ろう!」と言うかもしれません。
しかし、そこで「みんなに言われたし、頑張ろうかな..」と思ってもやはり難しい問題があります。

 

本人が「会社に行きたくない」と毎朝思うくらいの仕事なら、それは本当に本人が「行きたくない」と感じていることです。
それを覆すことは難しいですし、自分に嘘をつきながら過ごしてもいつか無理が来ます。

 

他の人には合った会社や職場でも、人それぞれ向き不向きがあるわけですからね。
人によって向いている仕事もできることも異なるわけですから「みんな一緒」と考える必要はありませんよ。

 

そう考えると「行きたくない」と毎朝自分が感じることをメッセージとして行動するべきです。

 

私も元SEで当時の会社を辞めた人間ですが、自分の心の声をもっと聞いておけば良かったと思います。

 

関連ページ ⇒ 「会社を辞めたい..」と思ったら素直に「自分の自然な気持ち」を大事にした方が良い。解釈を変えてもその仕事は続きません。

 

 

スポンサーリンク

【解決策】ただすぐに今の職場を辞めるのはリスクも大きいですが、早めに行動しておくことをおすすめします。

ただ現実的な問題としてお金や生活の問題がありますから、すぐに辞めることはできません。
しかし、本当に現状を変えたいなら、早いうちに行動をして備えておくことが何より大事です。

 

行動ができる体力があるうちに行動しておくことです。
そして毎朝「会社に行きたくない」と思う原因を見つけてそれを解決することです。

 

  • 「会社が合わないなら会社を変える」
  • 「仕事が合わないなら仕事を変える」
  • 「職種が合わないなら配置転換を希望する」
  • 「ブラック企業なら転職する」
  • 「体が限界なら休養する」

 

備えておくべきか、すぐに行動すべきか、休むべきか、ここは個々の状況に応じて判断して下さい。
ここはみなさんそれぞれの事情や原因が違うと思いますから。

 

もちろん健康被害が出ているならば、すぐに辞めたほうが良い人もいるはずです。
毎日夢でうなされる・身体症状が出るレベルなら本当に転職や配置転換、休養や病院に行くなど行動されたほうが良いですから。健康が1番大事で健康ならやり直せます。

 

そうではなく、体力があり行動できるなら早いうちに行動して現状を変えましょう。
毎朝行きたくないと思う仕事は、結局何年も続きませんからね。(私のように辞める人が多いですから)

 

今は若い人の転職も普通になってきていますし、便利なサイトも沢山あります。
現実的にすぐに辞めることができないですし、お金や生活の問題もありますから、在職中の余裕のある今の時期に行動しておきましょう。

 

別のページを載せておくので、もし転職を考えている人がいれば参考にして下さい。

 

 

【仕事を変えたい向け】

【別の仕事へ】未経験者向けのおすすめ転職サイトとエージェントサイトを比較していきます。

 

 

【転職向け】(エージェントはサポート有り/転職サイトはサポート無し)

【20代や第二新卒向け】おすすめの転職エージェントを比較して紹介していきます。

【20代や第二新卒の転職を決める!】おすすめの転職サイトを複数利用して成功させましょう。