今働いているけど「転職したい」「辞めたい」と思ったら確認しておきたいことは「本気かどうか」「生活のこと」の2つ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

自分は「本当に転職したい、辞めたいのか」を確認しておく

本当に会社を転職したいのか、辞めたいのか自分の気持ちを確かめてみてください。

転職や退職はブラック企業から逃れるためや違法なサービス残業や長時間労働から過労死を防ぐためにも大事なことです。

しかし、誰にでも生活がありますから、簡単に軽い気持ちで踏み込めることではありません。
やはり切迫した状態でなければ、本当に転職や退職をしたいのかどうか立ち止まって考える必要があるでしょう。

 

特に「その後何をするのか?」ということはよく考えないといけないと思います。
宙ぶらりんになってしまうと、そのまま惰性で過ごしてしまうことがあり、この状態ではニートになってしまいます。
「どれだけ無職でいるのか」「どのくらいを目処に働き始めるのか」それを決めて自分で守るようにしましょう。

また転職の場合、どんな企業を受けるのかということを事前に考えておく必要があります。
今の企業に不満があるなら、漠然と次の企業をイメージするのではなく、紙などに書き出して整理した状態で知ることが大事です。

 

スポンサーリンク

生活は大丈夫なのか

もう1つ、「転職したい」「辞めたい」と思った時に、必要なことは生活が大丈夫なのかということです。

転職活動であれば勤務先から給料が出ますが、一度退職してからの就職活動では収入が無くなってしまい困ります。
家賃や光熱費、交通費から生活費、税金などを考えても、ある程度の貯金が必要です。
こういった資金を蓄えておかないと退職してからの就職活動は厳しくなりますから、やはり就業している段階での転職活動が必要です。

また就職活動でも現在は何をしているのか、退職した理由は何か聞かれることもあり、転職活動よりも少し面倒になります。

 

結婚している場合

結婚している場合は「夫婦」で話し合う必要があるでしょう。
特に収入額が変わることや職場環境が変わり、お互いにストレスが出ますから、勝手に転職や退職をすると問題になるでしょう。

相手と話し合って、現実的な部分まで折り合いを付けておく必要があります。

 

スポンサーリンク

では、どうするのか?

①会社は辞めずに、転職活動から始める

1番の理想は会社を辞めずに転職活動をすることです。

やはり生活をしていくことや精神的な安定などを考えるとこれが1番ベストな方法です。

会社を続けていれば、最悪の場合でも残ることが出来ると思いますから、転職活動で内定を取った時も慎重に検討できます。
これが会社を辞めていると、「早く収入が欲しい」と感じて急いでしまうことがあり、それが後に悪い結果を生むこともあるので、慎重に考える時間が必要なんですね。

 

② 病気になる職場からは早く退職することも

もし病気になってしまって働けない、病気になりそうな職場からは退職することも考えたほうが良いと思います。
居れば居るほど健康が悪化するような職場では1ヶ月、数ヶ月は保っても長年働くことは不可能です。

そういった場合は体が回復すると分かっているなら、退職してから新たに職を探すということも検討するべきでしょう。
本当は健康に不安がある人ほど、就職中に転職を検討すべきですが、「パワハラがヒドくて耐えられない」「体に症状が出ている」といった時には、すぐの退職も検討した方が良いでしょう。

 

私もパワハラのある職場にいましたが、そんな場所に居ても心身ともおかしくなるだけです。
最初はパワハラをされるだけですが、そんな環境にいると段々と自分もパワハラをするようにもなります。
気がつくと環境に染まってしまうだけですから、職場の環境も絶対に選んだほうがいいです。

 

あるいは休職をするという方法もあります。
病院で診断書などが必要になりますが、適応障害やうつ病で休職される方もいることから、休むことも可能です。

 

「とにかく無理だ」と思った職場からは、転職や退職で逃げられることをおすすめします。

 

トップページでは転職活動で使えるエージェントサイトなどを紹介していますから、参考にどうぞ。
エージェントサイトでは転職活動の求人集めや面接対策などサポートをしてくれますから、就業中の転職には時間や手間が省けて、大変おすすめです。

⇒ 転職エージェントの比較

 

 

コメント