ITエンジニアへは未経験でも転職は可能ですが、しっかりと就職するにはプログラミングスキルが必要。

スポンサーリンク

 

「ITエンジニアは未経験でも転職できるの?」
「プログラミングやったことないけど大丈夫かな?」

このページでは、これらの疑問について紹介しています。

 

 

結論から言うと「未経験でもITエンジニアへの転職は可能」です。

 

ただITエンジニアといっても範囲が広いですね。
大きく分けて見ると以下のように分かれます。

未経験転職
システムエンジニア ◯(未経験者でも可能な求人が多い)
WEBエンジニア ▲(経験者を求める)

 

求人を見ると、システムエンジニアは未経験から募集している企業も多く有ります。
人材不足気味ですから中途採用の未経験から転職される方も沢山います。(私の会社にも居ました)

 

WEBエンジニアでは未経験者可能の求人は少ない印象です。
この理由として考えられることは、後に紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

システムエンジニアは未経験者でも応募できる求人が多い

システムエンジニアは未経験の中途採用の入り口が広い職種です。
業界の構造から人手不足気味で、スキルを持っている人材を探すことが難しいためどこも人手が足りない状況になっています。

 

そのため未経験からも転職しやすいことが特徴ですね。
私の在籍していた企業でも未経験からシステムエンジニアになった後輩がいましたから、実際に転職は可能です。

 

その後輩はプログラミングの研修は入社後に受けていたので、以前からプログラミングを勉強していたわけではありません。
システムエンジニアは人手不足気味であり、入社後にプログラミングや業務知識の研修を用意する企業が多いですよ。(まともな企業なら)

 

もちろん不安が多いと思うので、プログラミングがどんなものか理解するならココで紹介しているドットインストールを見て下さい。
プログラミングがどんなものなのか簡単に解説されていますので。

 

未経験から転職するには未経験者向けの転職サイトやエージェントを利用します。
特にワークポートは元々IT系転職サイトだったので、ITやWEB系企業とはコネクションが強く残っていますからSEになりたい方にはおすすめです。

 

未経験者向けのおすすめ転職サイトとエージェントサイトを比較していきます。

 

文系でもシステムエンジニアになれる

別のページに書きましたが、文系でもシステムエンジニアになることができます。
私の在籍した企業には文系のSEが多く、十分活躍していましたからね。

 

SEは理系だけではなく文系でも転職することは可能だと言えます。
文系だからといって消極的になる必要はありませんが、どれだけ活躍できるか適性があるかは事前に確認しておきたいですね。

 

⇒ 文系でもシステムエンジニア(SE)になれます。ただ未経験向け採用から入る必要があります。

 

 

スポンサーリンク

WEBエンジニアはある程度のスキルが必須な企業が多いです。

WEBエンジニアは未経験からの転職はやや厳しいと言えます。
WEBエンジニアに未経験からなるには最低でもプログラミングの知識が必要です。

 

WEB系企業には

  1. 企業規模が小さい・ベンチャー企業が多い
  2. 即戦力を求める社風

ですから、未経験を雇ってくれる企業は少ないですね。
私の印象ですが、慢性的な人手不足のシステムエンジニアよりも未経験からの採用は難しいです。

 

もしWEB系のエンジニアへ転職を考えているなら、全くの未経験から始めるのではなく「プログラミングスクール」などでプログラミングを勉強して転職されることをおすすめします。
プログラミングスクールには「WEBエンジニアへの転職がセットになったコース」がありますからこれを受けられると良いですよ。

 

独学では面接官もプログラミングの知識や理解度が把握しにくいので、未経験の最初の転職はプログラミングスクールを利用して転職されるほうが有利に働きますよ。

 

 

スポンサーリンク

未経験からITエンジニアへ転職するなら「本気」でやることが大事です。

元SEの立ち場から言うと、ITエンジニアに未経験から転職したいなら「本気」で行動されることが大事です。
未経験への転職だと行動することが億劫になってしまったり、情報収集ばかりして肝心の転職活動をしないことが多いですからね。

 

未経験からだと「エンジニアってどんなものか」分からない人が多いので、戸惑う気持ちは十分分かりますよ。
でも、やっぱり行動をして積み重ねていかないと未経験からいつまで経っても進んでいかないですからね。

 

ちなみに、プログラミングについては1文字でも間違えてコーディングするとエラーが出るものですし、自分が書いたコードが後々他のエンジニアが直すこともあります。
プログラミングは大変緻密で神経を使うものですから、最初にキッチリと基礎を勉強されることが大切です。

 

エンジニアへの転職行動を始めたら、まずプログラミングを本気で頑張って行きましょう!

 

 

スポンサーリンク

WEBエンジニアやプログラマーを目指すなら、まずプログラミングスクールに通うことです。そこが第一歩です。

先ほども書きましたが、WEB系のエンジニアやプログラマーを目指すならば「まずプログラミングスクール」に通って「未経験転職コース」を選びます。
またSEを目指す場合でもプログラミングがどんなものか少し覗いておいたほうが良いですね、そして未経験の転職サイトやエージェントを利用します。

 

ここが未経験転職への行動の第一歩です。
ここまでITエンジニアへの転職の不安があったでしょうが、後は行動をしながら都度考えていくだけです。

 

本気でITエンジニアへなりたいなら、

  • SE志望なら未経験の転職サイトやエージェント利用
  • WEB系エンジニアやプログラマーならプログラミング教室の転職コースを利用

ここから始めて行きましょう!

 

ここまで始めてしまえばITエンジニアへの転職の50%が終わったも同然です。
最初の行動ができれば後は流れに乗っていくだけですからね、頑張っていきましょう!

 

 

SE志望者向け ⇒ 未経験者向けのおすすめ転職サイトとエージェントサイトを比較していきます。

 

WEBエンジニア志望者向け ⇒ 【無料から有料まで4選】元SEがエンジニア転職と学習におすすめするプログラミングスクール